ブルージュ ベルギー 【ヨーロッパ旅行 12日目】

 

ブルージュも水の都

ヨーロッパって水の都めっちゃ多いですね😂

ヴェネチア, アムステルダムなどが有名ですが、実際来てみると各国に複数あるみたいですね。

その中でもこのブリュージュは世界でトップクラスの美しさといわれています😆

 

ブリュージュへの移動

ブリュッセルから電車(IC)で1時間半ほどの距離にあります。

ブリュージュ観光後、オーステンドに向かう予定だったので途中下車可能のチケットを事前に購入しました!

↓詳しくは下記時で

ベルギーの交通機関について解説!

 

ブリュージュ‐なぜ人気なのか‐

何がそんなに美しいのか🤔

数ある他の水の都と何が違うのか🤔

という疑問がありますよね。

 

『どこも街に水走ってるだけやん?』

 

そうなんですけどね。

 

これまでヨーロッパで4つの水の都を訪れた経験則から、違いを考えてみました。

 

1.白鳥がおるから

そう、白鳥がいます。

めっちゃいます。

白鳥って一匹ずつ優雅に生息しているイメージでしたが、実際はわらわらと羽をまき散らしつつ固まっていました😂

しかし水路で泳いでいる白鳥の姿は美しい!

 

水に浮かぶ白鳥をサンプルに載せておきますね

な?

 

白鳥が浮かんでいることで水の都の美しさを増幅させるのではないかと思います🧐

 

2.煉瓦の家が綺麗やから

煉瓦の家が水路わきに並んでいます。

建物がなんかかわいいんですよね。

いい感じに古めかしい感じが残っています😮

写真の通り、ボートに乗ってクルーズ観光も可能です。

 

水路×白鳥×煉瓦の家

 

これがブリュージュの強みですね😁

 

水路以外にも見どころはあるよ!

水の都としての美しさはもちろんのこと、なかなか面白い観光地もあります!

ヨーロッパはこじんまりとした空間に観光地が集まってていいですよね。

 

水路と橋と教会と

ほんまにかっこいい街並み!

 

聖母教会

教会にはキリストが張り付けられていました♰

ベルギーはカトリックの教会が多いです。

調べてみると、ベルギー人口の

約75%がカトリック教徒

約25%がプロテスタント教徒

らしいです。

国民のほとんどがキリスト教徒であり、がカトリックの比率が高いですね。

 

これはベネルクス3国がハプスブルク家の支配下にあったことが起因となっているようですが。。。

こんなこと長々と書いてもね?笑

 

聖血礼拝堂

黒っぽい外観で、壁には金の像が並んでいます。

珍しいデザインの礼拝堂ですね🤨

一階は礼拝堂になっており、二階は宝物庫です。

キリストの血が収められていることから聖血礼拝堂と名付けられています。

 

ベルギーで今まで見た協会などとは違い、独特の雰囲気があります。

目を引くデザインなので見逃すことはないと思います😃

 

市役所

横には市役所が!

こんなかっこいい市役所日本には絶対ない笑

 

鐘楼

少し歩くと広場があり鐘楼がそびえたっています

でっかい!!!

ゲントの鐘楼にも引けを取らない高さです😆

 

ダリ美術館

広場わきには美術館もあります。

かの有名なダリさんの美術館です!

 

髭のおじさん知ってますよね??

 

時計がぐにゃぐにゃの絵描く人です⏰

美術がわからない人が見ても、不思議な感覚を植え付けてくる絵をかいていますよね🙃

 

広場でマーケット

広場ではマーケットが開かれており、多数の出店がありました。

果物,チーズ,肉類,ワッフルなどなど、、、

全部でかい!!

 

ケーキもチーズもこんなに大きくなくていいんちゃうかな…😅

体の大きさ云々では計り知れない違いがあるようです😏

 

マーケットで果物を買って次の目的地へ!!!

ブリュージュ、綺麗な町でした😊

 

オーステンドに移動するぞ!!

やっぱり夏はビーチに行かないと😎😎

 

 

↓↓気に入ったらぽちっとしてあげて!


海外ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です